BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

RODDIO(のデザイン)なんて嫌いなはずなのに

ミズノからその名も『PROTOTYPE』ドライバーが発売なるのか、ならないのか、ゴツゴツ凸凹カチャカチャ系なので絶対に買いませんが(過去記事)、真っ黒&シンプルロゴは好感持てます。


ミズノ プロトタイプ ドライバー


実はドライバーについて、いま悩んでいる、わけでもないのですが、不思議に思っていることが1つだけあります。5本セッティングに選んだRODDIOのコンパクトドライバーの、『見た目が気に入らないはずなのに気に入ってる問題』、です。







例えばそもそもタイガーウッズ世代ということもあり、タイトリスト975Dは特別なドライバーです。ソールに鋼板!?というくらいドッシリシッカリとした硬質感溢れるチタンヘッドは、ボールを潰して叩き飛ばすイメージを湧き起こさせてくれました。

名器ドライバー





テーラーメイドもFiresole時代からR510TPあたりまでは、実に硬派なクラブを提供してくれていました。タイトリストとともに、男臭さ溢れる2大メーカーのひとつ。とっても筋肉質でパワフルな印象。

ドライバー 名器





jBEAM425や435は、デザインはよろしくないのですが、そのライナーな弾道が男らしくて好きでした。ロースピンの高い弾道でどーーーーんと飛んでく、なんていうのと違って、まさに空を裂くような直進性、レーザービームで迫力がありました。

ドライバー 名器






遠藤製作所が放つTECHNITYブランド(現EPON)のなかでも、歴代最高打感とも言われる415ZR。これは本当に素晴らしく上手に作られたヘッドで、バランス力では群を抜いていると思います。ただ、一発の飛びはなく、平均力が高いモデル。見た目のオーソドックスさはかなり好み。

ドライバー 名器






ずっと気になっていた存在、P-tune。見た目の質感は相当高く、構えたときのストレートなフェース、座り、ヒール側のボリューム、すべて完璧。まだ打ったことがないのでこれ以上のクリティカルなコメントは不可(苦笑)

名器ドライバー





さて、こうした極力シンプルな見た目のクラブたちを愛してやまないわけですが、なのになんでいまRODDIO!?という疑問。


ドライバー 名器





あーーー!

わかった。自分の好みは「シンプル」ではなく、「(鉄やチタンの)素材感」だったのか。
だからプラモデルみたいなのが大嫌いという・・・



つまんない話ですみません。
でも、定義がハッキリすると心が落ち着くんですよね。


関連記事

2 Comments

yk  

そういや,このRODDIOのヘッドのペイント落としたりはしないの?

2018/09/25 (Tue) 14:30 | EDIT | REPLY |   

kk  

RODDIOはペイント技術が高いみたいで、簡単に落とせないんだよね。。

2018/09/25 (Tue) 14:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment