BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

ピジョンゴルフ P-tune PG110 × ATTAS6(SR)

自分の100倍もしんどそうな腰痛持ちのJPが、いまだにNGSのツアープロトTXを使っていて、それはないだろう、と。振ってみるとミクロン単位で撓りを感じるものの、基本、棒でしかない。これじゃますます腰やられるよね。

ということで、別件でJPに借りがあるので、こいつをプレゼント。


ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc




P-tune PG110 *440cc

P-tuneは、元住友ゴム=ダンロップ出身のクラブデザイナー:松尾好員氏による設計。PGAメジャーでのクラブ提供経験は最多クラスとの話もあり、日本を代表するクラブ設計家の1人です。



ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

かなり美しい顔しています


ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

中古アウトレットモノとは思えない質感


ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

ヒール・バック・トゥそれぞれにウェイトビス


ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

シャフトはATTAS6、特性は知りません…


ピジョン PG110 P Tune Attas6 SR 440cc

完全に、名器の風格が漂っています。



弾き系の甲高い音がするらしく、たぶん、欠点があるとすればそこでしょうかね。どれくらいの音なのか、いつか打たせてもらって確認、追記しておきます。



もちろん、SLEルール適合。
関連記事

0 Comments

Leave a comment