BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第66話 四角いパターヘッドは2度と買わない

『カフェウォール錯視』っていう、こういうの、見たことありますよね。


カフェウォール


平行線だけのはずなのに、斜めに見えてしまう。
ここまでの幾何学模様になると、ほとんど誰もが斜めに見えてしまうようなのですが、




これはどうですか?
昨日手に入れた、とっても長方形感のあるピンタイプのパター。


sakkaku01.jpg


特に問題ないですね。タテ・ヨコしっかりアライメントしやすくて、ラインに出しやすい優秀なパターです。




ふつうの場合。



しかし、自分はどういうことがきっかけでなるのかわかりませんが、並行線を眺めていると錯視が起こります。こんな、パターのカタチを見ているだけでも、なるときはなります。なんとなく経験からですが、とっても角張ったピンタイプで、サイトラインが1本だけというのが一番、悩ましいです。できればサイトラインは3本ほしい。ついでに言えばトップブレードには何もなし。そうでないと、なぜだか、時々、こうなります。


sakkaku02.jpg



平行四辺形。


これが始まるととにかくキモチワルくて、でもすぐには治らなくて、もうどうでもいいや、って感じでサッと打ってしまいます。凝視する感じがよくないのか、まぁでも、パットを終えて景色を眺めたりしているうちに、次のホールに辿り着く頃には治ってたりします。スマホなんかもよく平行四辺形になってます(笑)


で、この錯視が全く起きないパターがあります。


トライホット#5


トライホット、まるっこいパター。




こちらも、いまのところ大丈夫です。


HIRO MATSUMOTO G-4




そういえば、ベストスコアを出した時のパター、T.P.ミルズsofttailも平気でした。

T.P.Mills SoftTail BlackPlating 02



丸みがあれば気が抜けるんでしょうかね。足だの肘だの首だの腰だの指だの手首だの、さらには目まで、なんとも厄介なカラダですがしかたありません。丸みのあるパターで解決するならば、それを使えばいいだけのこと。

来週のデイスターyk対決で、ヒロマツモトのPING型を使ってみて、と言うので部屋で転がしていたら、錯視にハマってしまって、あぁ、そうだった、と思い出したのでした・・・。たまにしか錯視にならないのですぐ忘れてしまう。ちゃんと記録しておきます。



ということで、四角いパターよサヨウナラ、永遠に。



第67話へ
関連記事

4 Comments

yk  

やっぱり買って良かったね

2018/09/21 (Fri) 17:02 | EDIT | REPLY |   

kk  

7kもしたのに・・・もっと安いのにしておけばよかった

そしてミルズ再浮上(笑

2018/09/21 (Fri) 17:05 | EDIT | REPLY |   

yk  

懲りないねぇ

2018/09/21 (Fri) 18:13 | EDIT | REPLY |   

kk  

だってこれやめたらゴルフ熱ゼロになってしまうでしょ

2018/09/21 (Fri) 19:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment