BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第65話 HIRO MATSUMOTO ヒロ・マツモト MZ-07

現エースパターであるヒロ・マツモトG-4でのラウンド39パットの屈辱から、PING型パターを試したくてしかたなくなり、でもこのブログの過去記事を読み返す限り、キャメロンでもミルズでもダメだったわけだから、意味ないだろうなぁ・・・と思い、「ほらね、PING型だからってうまく打てないでしょ?」と自分に言い聞かせるためのパターを、というややこしい動機で買ってしまいました。


ヒロ・マツモト MZ-07、34.5インチのモデルを適当に1インチちょいカットしてグリップマスターのカンガルーを挿して、いつもの作業を済ませたところ。ソールロゴの縁取り文字が大嫌いなことを除けば、ダークカッパーで経年劣化の色合い風合いを楽しむヘッドの仕上がりは嫌いではない。


ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター

ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター

ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター


うーむ、すごいボックス感。こういうのはどこかでアライメントに神経質になる可能性があるから、避けてきたカタチ。キャメロン・ニューポートとニューポート2を融合したような印象。



現エースのG-4と比べると、やはりオフセットとトゥ側のボリューム感のせいで、いつかどこかでヒッカケてしまうイメージが湧いてしまう。もちろんG-4はアッチコッチにバラけるイメージにもつながるから、どちらがいいとも言えない感じ。慣れでしょうね。


ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター

ヒロ・マツモト G-4 名器 パター


ヘッドの大きさはどちらも似たようなもの。ラインがイメージしやすいのは、さすがPING型に軍配。


ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター


ライ角はどちらも72°、ロフト4°、オーソドックスですが、本当はもっとライ角のあるものが欲しいので、その点ではG-4のほうが構えやすいし打ちやすい。


ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター

ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター


総重量、量ってみたら483g、かなり軽い。これで打ちやすいと思うのだから、ショルダー・ストロークなんてものは完全に捨ててしまったことに気づく。使っていけばまた打ち方も変わるんだろうけど、どうしようかなぁ・・・次のラウンドで試してみるか悩む・・。


ヒロ・マツモト MZ-07 名器 パター


リセールバリュー低そうなので、売らずに少なくともお蔵入りさせておきます。



第66話へ
関連記事

2 Comments

yk  

次のラウンドで使ってよ。じゃないと、いつまでたっても「一度はラウンドで」って言い続けることになるから。

2018/09/21 (Fri) 10:10 | EDIT | REPLY |   

kk  

いまんとこ目論み通り浮気防止策になってるけど・・・
まぁ、じゃあ、デイスターは遊んでみようかね。パターに限らず!

2018/09/21 (Fri) 10:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment