BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第64話 パターの浮気防止策

先日の39パットが夢に出てきそうな、ヒロ・マツモトG-4への不信感が拭えないまま、どうしてもPING型を試したくなっては、自分のブログを読み返して、「PING型なんて、いい結果じゃなかったじゃんか」と気持ちを鎮め、でもまたやっぱりPING型がもたらすアドレス時の安心感ってどんなんだったけ・・・・

と、繰り返す休日の夜。



これはもう、一生続く悩みだと悟り、だったらPING型への浮気を防止するためにPING型パターを手に入れてしまえと。転がしてはダメだ、使えない、とわからせてくれるやつを。


ヒロマツモト MZ-07


ソールのデザインが実に酷くて萎えるけど、ヒロ・マツモトのPINGタイプ、古いモデルなので数千円の出物ばかり。削り出しの名器はいまだに20万とかするので手が出ませんが、これくらいなら・・・


HIRO MATSUMOTO MZ-07

◆ 素材 軟鉄ソリッドボディ
◆ 製法 削り出し一体成形
◆ 仕上げ ダークカッパー
◆ ロフト角 4度
◆ ライ角 72度
◆ シャフト マツモトオリジナルMD120スチール
◆ 長さ 34.5インチ
◆ バランス D1±1
◆ ヘッド重量 330g±2g
◆ 総重量 503g±5g



セミロングネックって、どうなんだろ。中途半端にも思えるし、ちょうどいいのかもしれないし。
見た感じは↓キャメロンNEWPORTに近いかな。


newportangle.jpg





しかし、キャメロンはダメ、ミルズもダメ、BUCHIも、サイズモアも、リードマンも、シーモアも、オデッセイも、ケビンバーンズも、ゲージデザインも、どれもこれもクビにしてきたパター遍歴。ヒロマツモトなら大丈夫!、なわけがないんだけど、明らかに自分の問題なんだけど、、、、わかっちゃいるけど、、、



第65話へ
関連記事

2 Comments

BAZZ  

相変わらず、迷走してますね。
なかなか終わらない連載マンガのようで面白いですね。
5本セッティングでこれだけ語れたら、14本なると何十年かかりますか?
パット巧者になる過程のパターなのか?所有感を満たすパターなのか?
迷走ですね。道具でいきなり平均パットが30になるパターあったら欲しいですね。
グリーンのタッチは、場慣れでしょうか?道具でしょうか?
今後の展開、期待しています。

2018/09/17 (Mon) 21:18 | EDIT | REPLY |   

kk  

所有欲ならばキャメロンでよかったですし、パット巧者を目指すならトライホットでよかったはずなのですが(笑)

本当はもうゴルフに飽きてるというか諦めてるというか、肘も腰も指も痛いし、ほっとくとゴルフから遠ざかってしまう。なので道具替えることで気分を盛り上げようと!

旅がいつか終わるのか、自分でも楽しみです~

2018/09/17 (Mon) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment