BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第60話 ドライバーからウェッジまで4本のウェイトフローチェック

いよいよフォレスト鳴沢での月例yk対決を明日に控え、しかし雨模様な感じでテンション下がりまくるなか、P790に1本だけあった白いスコアラインを完璧に消す作業をしていたら、あらら、広範囲に擦ってたら一部なんか色落ちしてきたぞ。

こんなことあるのか??


テーラーメイドP790


まぁいいや、鉄はどんどん傷ついてってくださいな。

で、明日のエースボールを何にするかで悩んできましたが、先週の宍戸ヒルズラウンドを経て、結局テーラーメイドTP5xをやめて、タイトリストProV1xに決定。TP5xの打感の重さのせいかわかりませんが、ドライバー不調だったので、少し柔らかめのV1xにします。


テーラーメイドP790とタイトリストProV1x


あと、手元にほぼ同じUTが3本ある状態で、明日はどれにしようかなと。

① Heavenwood 3H JP ATTAS EE SR
② Heavenwood 3H JP リシャフト前
③ Heavenwood 3H US 純正RCH 75R

そういえばチェックしていなかった、クラブセッティング全体の重量フローをみて決めようということで量ってみると、


clubweightmanagement2018091302.gif


あ、意外と重いと思っていたUS(353g)のほうが、JP(332g)よりも流れがいいことが判明。これで気持ちよくUSを手にしてラウンドできます。




とにかく雨予報で気分が重いですが、ラウンドできそうならやるし、ダメならご当地グルメな旅でさくっと帰ってこようっと。

もしラウンドできるなら、明日のテーマは『我慢』。テニスの大坂なおみの真似ってわけじゃなくて、「がんばれば届くかも!」という距離への欲を捨てることが大事だなぁ、と。54度で115ydは無理だし、8iで165ydはやめといたほうがいいわけです。たぶん。3球に1球、飛ばせれば自慢できるような練習場での見栄勝負と違うんだから、現場では距離の欲、見栄を捨てて、堅実にマネジメントすること。それが宍戸ヒルズでの最大の学びでした。

さぁ、そろそろせめて80台!



第61話へ

関連記事

2 Comments

yk  

シミュレーションでは81だったけど,さてどうなることやら(ラウンドできれば)。

2018/09/13 (Thu) 13:21 | EDIT | REPLY |   

kk  

雨っぽいねぇ・・・

2018/09/13 (Thu) 19:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment