BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第58話 テーラーメイドP790がやってきた

予定よりも2日早く(日本入国からが早かった!)、USテーラーメイドからP790の8番アイアン1本のみが到着しました。


テーラーメイドP790 ブラック


たしかに中空アイアンとは思えないスッキリとしたバックフェースです。ソールの厚みも気になりません。ブラック仕上げだとなおのことシャープに感じます。

しかし・・・、ロフト35度で8番という設定が気に入って手に入れたのですが、


テーラーメイド P790 ブラック


トップブレードにやや丸みがありますが、どっちかっていうと7番の顔かなぁ。百歩譲って8番っぽい7番。タングステン装填の低重心、ロフトを立てて7番以上の飛距離を得る、そのコンセプトはありがたいのですが、なんかちょっとインチキ臭い気持ちに。そもそも期待半分ではありましたが・・・『顔』については落第点ですね。

で、デフォルトでDG105が挿さっているのですが、打ったこともなく性格はわかりません。さっさと抜いてマトリックスDEUS(A)を挿すつもりでしたが、昨日の宍戸ラウンドで、アイアンには柔らかでシャープなシャフトがいい、ということにあらためて気づきましたので、どうしたものかと思案中です。またSoft-Stepにしてcpmダウンさせるかどうか。


テーラーメイド P790 ブラック


手元の3本を並べてみると、ほんのわずかですがNIKEのヘッドが大きくて、昨日のラウンドでの構えにくさ、鈍臭さを思い出します。ラグの上から打ってみた感じだと、P790はドローへの憧れを背負った包み込むようなフェースで、なんだかちょっと打ちにくい。スコアラインの一番下が白くペイントされているのも嫌い。塗装落とせばいいやと思ったら、ラッカー液でこすっても落ちないし、最悪。こういうラインは勝手な弾道イメージを植え付けられて困るのです。アンコントローラブルな印象とでもいいますか・・・。


テーラーメイドP790 ブラック

テーラーメイドP790 ブラック


一方で、打ち比べてみるほどに、APEXのソールグラインドがいかに優秀かを思い知らされます。レガシーも良かったですし、キャロウェイのアベレージゴルファー・モデルの評価が(自分の中で)うなぎ上り。

見た目だけならP790なんだけどなぁ・・・


なにかにリシャフトして突然生まれ変わってくれるミラクルに期待します。




<追記>

執念燃やしてラッカー液垂らして歯ブラシでひたすらこすってたら、落ちました。ガンブルー?まで落ちてきた気もしますが、そのうちどうせ傷だらけになるのだから、放っておきます。とにもかくにも白ライン消えてくれたので、よし。

テーラーメイドP790ブラック



(つづく)
関連記事

3 Comments

yk  

メインはAPEXでいいから、フォレストにはP790も連れてきて〜

2018/09/10 (Mon) 21:53 | EDIT | REPLY |   

kk  

ありゃ、入院させようかと思ったけど・・・

2018/09/11 (Tue) 00:32 | EDIT | REPLY |   

yk  

ああ、そうか。ならいいや。

2018/09/11 (Tue) 06:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment