BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第34話 原点回帰、ナチュラル・グリップに戻す。

昨日、ロッテ葛西で200~300球打っただけなのに激しく筋肉痛です。いかにゴルフしていないか、運動していないか、太ったか、肘痛も指痛も手首痛も腰痛も、よくぞここまで傷んだものだなと、自分のカラダのボロボロぶりに呆れます。

我ながら、ゴルフ辞めればいいのに・・・と思わなくもないですが、フルショットの回数を減らす目的もあってクラブ本数を減らし、払い打ちしやすいヘッドを選び、シャフトをスペックダウンさせ、痛みから逃げるようにゴルフして、それでもベストスコアを狙うことができるのか・・・どうなんでしょうね。こんな状態ながらykやJPに勝てたら楽しそう、というモチベーションを頼りに続けてます。

いまはどうせ梅雨だし夏だし、いい調整期間と考えて、ラウンドしたい気持ちをおさえつつ地道に諸々整えていきます。


BUCHI PROTO 54 wedge


昨日は1gくらいの鉛が心地よかったのに、一夜明けるとカラダが重く固いせいか、もう少し重みが欲しくなってました。よく、「クラブは好調時に買い替えろ」と言われますので、今日みたいな日に鉛調整してはいけないんでしょうね。でも何かしていないと居心地が悪くて、思うように打てないフラストレーションを鉛にぶつけてます。



ちなみに昨日の練習で気をつけたこと、トライしたことは以下4つ。


【肘痛対策】 ダウンブロー禁止
【腰痛対策】 スイングを腰で受け止めるの禁止
【指痛対策】 インターロッキング禁止
【手首痛対策】 フェースローテーション禁止



特に、指の痛みを避けるために、いよいよナチュラル・グリップに戻しました。ゴルフを始めた頃からしばらくは自然とベースボール(親指を伸ばすテンフィンガーに近いベースボール)だったのですが、タイガーウッズをマネた石川遼、をマネてインターロッキングにしました。

オーバーラッピングがいいとか、インターロッキングがいいとか、テンフィンガーやベースボールのようなナチュラルグリップがいいとか、いろいろな説がありますが、流行り廃りを追うのはやめて、自分のカラダと向き合ってグリップを決めるべきという、なんとも当たり前なところに辿り着きました。



なにかをマネしたり、なにかに影響を受けたり、なにかを信じたり、とかそういうことではなく、自分と向き合うという作業からやり直してみようというのが、今の状態です。



【参考】
・SAMMY'S GOLF Bangkok Studio 「ベースボールグリップ
・ゴルフ72のコツ 「ゴルフはベースボールグリップが圧倒的にメリットが多い!



第35話へ
関連記事

2 Comments

yk  

薄っすらと悲壮感が感じられるのは気のせいか

2018/06/26 (Tue) 13:55 | EDIT | REPLY |   

kk  

どこにも正解が見当たらなくてトホホだよ
少なくとも、ドラ、UT、アイアンを、ウェッジに寄せる作業し直さないとダメかもしれない

2018/06/26 (Tue) 17:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment