BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第24話 安いマニキュアでBUCHIプロトウェッジに色付け

完成したその場でリシャフト決定したリリィ・ウェッジ。次候補のカーボン・シャフトを選びつつ、ペイントだけ先にやっておきました。今回は少しクリームがかったホワイトを塗ってみます。マニキュアって安いですね。amazonで250円くらいでした。

田淵さんの『田』マークは青にしようと思っていたのですが、ProjectX5.0が想像をはるかに超えて硬かったので、ブルーをテーマにするのはやめました。


BUCHI 54 PROTO WEDGE ブチ プロト ウェッジ


写真では真っ白に映ってますが、たしかに乳白色かも。このマニキュアは粘り気があって塗りやすかったです。


BUCHI 54 PROTO WEDGE ブチ プロト ウェッジ


トップラインのカーブに『PROTO』、ネック側にダンシングで『LILY』、田淵さんイメージ通りに刻印してくれました。


BUCHI 54 PROTO WEDGE ブチ プロト ウェッジ


ソールには『54』と入れてもらおうかと思ったのですが、ロフトをいじるかもわからないので、『S』にしておきました。


ここのところずっとキャロウェイの軽いウェッジで遊んでいたので、久しぶりにBUCHI特有の「カシュッ」とした打感を味わえました。部屋のラグから打つときはソファの背まで2ydしかないので、ほんとに軽くアプローチする程度のコンタクトしかできませんが、それでも十分にBUCHIの感触が伝わります。ヘッドの抜けもいいし、開いてもいい、被せてロフト立ててもいい、とても扱いやすいウェッジに仕上げてくれました。


BUCHI 54 PROTO WEDGE ブチ プロト ウェッジ


さ、これがカーボンシャフトを纏ったら、見た目はもちろん、打感がどんな印象に変わるのか。それはそれで楽しみです。



第25話へ
関連記事

0 Comments

Leave a comment