BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第9話 キャロ・ヘヴンウッドに対抗できるUT候補を探す

UTのリシャフトができない話を書きましたが、FUSO森さんに相談してみました。やはりTIP径が335だと、ウッド用のシャフトを使うしかなく、それで極端に短くしてしまうとシャフトの特性を殺してしまうので、いい結果とならない・・・ようで、

うーん、純正でいくか、最近のヘッドにするか、ですかねぇ・・・

と大丸でアタマを抱えてしましました。


▼キャロウェイ ヘヴンウッド 3H
callaway heavenwood 3h face height


見ての通り、小顔&シャローな形状、これならどんなライからでも払い打ちのイメージで打てる気がするので、安心します。小顔でもフェース高があると、打ち込まなければいけないイメージがあって、肘痛への警戒心が生まれてしまいます。そうなるとろくなスイングができません。



カムイとか、上から見た感じは良さそうだなぁ・・・と思ってフェース面の写真を探してみると・・・


カムイのユーティリティ


やっぱり・・・この高さはイメージから程遠いです。



JUSTICKはどうだろう?と検索してみたら、


PROCEED TOUR CONQUEST R-TI UT-PREMIUM-
JUSTICKのユーティリティ





これはアリかも!!!





チタンヘッドで球離れも良さそうなので、ただ当てるだけでいいとか、肘痛に都合のいいUTかもしれない。

ただ・・・・高いよね、これきっと高いよね。







参考価格: 68,000円(税別)    (・Д・`)





utut.jpg


いや、やっぱりキャロのほうがいいかな・・・、負け惜しみでなく・・・。





どうにかならないのかと、WEBを徘徊していると・・・ん?・・・・




2018-06-05_00h04_03.jpg





え!?!?
.350tipでもいけるのがあるの?これだけ特別??意味が分からない。


シャフト抜いてみないとわからないのかも・・
金曜に大丸へ持っていって、マミヤ・フィッティングで相談してみます。



第10話へ
関連記事

0 Comments

Leave a comment