BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

5本でゴルフ ★ 第1話 ゴルフを諦めない!肘痛対策セッティング

さて、新カテゴリ、『クラブ5本セッティング』です。

14本までとされるゴルフクラブを、わずか5本だけでラウンドしよう、それも、レディースクラブ並みに軽くて柔らかいクラブで!という企画です。・・・企画というか、悲しい事情・実情の下、ゴルフを続けるにはこれしかない、のですが・・・。




ゴルフを始めて20数年、力任せに振り回し、飛んでこそゴルフ!を信条に、ついでにスコアも追求するスタイルで頑張ってきましたが、


× ラウンド回数が減ってスコア激落ち
× 年を追うごとに体力が落ちた
× 重硬シャフトを使ってたツケが肘にきた


もはや普通にはショットできません。スイング自体も肘の痛みを守ること優先になってしまい、テイクバック、切り返し、インパクト、フォロー、あらゆる瞬間でいちいち痛みから逃げようとして、腕や手を緩めたりもするようになりました。今年前半悩まされてきたシャンクは、どうやらインパクト近辺で耐えきれずに余分にリリースしてしまうことが原因のように感じます。SWやLWなど、重たいヘッドほどシャンクが出ますが、やがてロングアイアンですらシャンクするようになって、これではゴルフになりません。

思えば、70台に届いた頃は、痛みの記憶など微塵もありません。自分の身体なんてどうにでも動かせると思っていましたし、実際、よく動いてくれました。痩せてたし。


kasai2010.jpg


ところが、80台、90台が当たり前になり、ついには100、いや120すら叩くようになってしまった今に至るまで、ずっと痛みと付き合ってきていました。特に痛みが出るのは指と肘です。グリッププレッシャーが特別強いとは思いませんが、習うことなく始めたゴルフ、ベースボールグリップから始めて、途中インターロッキングに変更して、でも常にフックグリップを続けていました。

指は微妙に変形し、そうとなれば腱はもちろん肘にも影響がでることは想像に難くありません。先日、三軒茶屋の新井健康院でも「指がぜんぶコッチにねじれちゃってるなぁ・・・」と言われました。


2018手もとにあるクラブたち


こうなると、せっかく何度もフィッティングしたりあれやこれやと工夫して作ってきたクラブが、どれも打てない・・・。愛着あるけど(結局いいスコアが出ていないので)相棒にはなりきれていないこのクラブたちとは訣別して、軽くて柔らかいクラブに変更するのが、『ゴルフを続けるための条件』なのだと悟りました。


FUSO森さんにも「明らかにカーボンのほうがいいです」と言われたので、前回のラウンドで、Rシャフト、Lシャフトのクラブを調達して試してみました。すると、

● 軽くて柔らかいので肘への負担が激減
● 軽く振るとコントロールできるので曲がりにくい
● 少ないクラブで距離打ち分けるの楽しい


ということがよくよくわかりました。レディースクラブ並みの柔らかいシャフトでもゴルフはできるし、もしかしたらそのほうがスコアにもいいのではないか?という予感めいたもの、と同時に、じゃあ、5本(もしくは6本)何を選んでバッグに入れようか?と、考えること自体が今度は楽しくてたまらなくなっています。

レディースクラブをフルセット揃えてゴルフするのはなんというか、『負け』な気がして嫌だったのですが、(それならいっそゴルフ辞めようかなと)、でも5本だけでラウンドするという制限付きであれば、とてもチャレンジングな気がしてストレスを感じません。


フォレスト鳴沢GC 5本セットでラウンド


適当に選んだこのセッティングで出した93というスコアを起点に、5本セットでいったいどこまでスコアを伸ばせるのか、もう2度と好きなようにスイングできない身体になってしまった今、新たな楽しみをそこに見出すのでした。

(無理すれば思い切り打てなくないですが、さらに壊すだけだとおもうので自愛します)



こうなったら、ゴルフ肘でもゴルフができる!をどうにか証明したいです。
というわけでさっそく、クラブ選び開始します!



第2話へ
関連記事

2 Comments

yk  

82が出て連載終わったいま、改めて第1話を読むと、なんか感慨深いね。

2018/09/26 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   

kk  

肘も前ほどではなくなって、カーボンって、ほんとにいいんだなと実感してるよ。

2018/09/27 (Thu) 00:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment