BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

ベントシャフトを曲げてみる

ベントシャフトは曲げやすそうに感じるのですが、ちょっとした間違いでバランスが崩れてしまうナーバスな設計らしいのです。FUSO森さんに、ACTEKの遠藤さんならパターのスペシャリストだからと紹介&話を通してもらい、シャフト曲げか?リシャフトか?の相談に伺いました。


アクテックゴルフ ACTEK


森さんからも連絡を入れておいてくれたらしく、相談はサクサク進み、ちょこっとボールを転がしながら、どうしたいこうしたい、を伝え、まずはシャフト垂直でロフト何度かを測ってもらったところ、1.5度とのこと。

Scott Readman Concepts のサイトでチェックすると、そもそもは3度の設定だったので、まずはそれを目指して傾けてみましょう・・・と、キャメロンのロゴが入ったなんとかいう器具にはめて、グイっと曲げてハイ出来上がり。


おおおお、しっくりきます。さっきと打音が違う、転がりが違う!



Scoot Readman Concepts SBG Steel offset


↑もともと、シャフトがかなり内側に傾くタイプだったのが、


↓暗くてわからないと思いますが(苦笑)、シャフト垂直でもフェース面が見えるように!


Scoot Readman Concepts SBG Steel offset



作業時間わずか1分、いや30秒。素晴らしい。
スコットのパターが生まれ変わりました。

もちろん、スコットはもともとのスタイルで打つことが最近の流行り?でもあるからそうしているのでしょうけど、自分はシャフト垂直が絶対。完全好みの見た目に完成したスコット・リードマンに大満足です。


あとは、グリップ。
現在USから、ヒツジ、カンガルー、ダチョウ、3種類のGRIP MASTERを取り寄せているので、シャフトのバット径に合うかどうか次第ですが、気に入ったものを挿して、ついに仕上がります。


グリップは現在、ロス国際空港を発ったところ。
到着が待ち遠しいです。




あ、ベントシャフト曲げは3240円也。
作業そのものは簡単だけど、あの器具が相当高いらしいですね。

とにかく、よかった。
昨日のコンペはトライホットだったので、リードマンは来週の月例でデビューさせます。
関連記事

2 Comments

yk  

スコット、仕上がってきたね〜

2018/04/14 (Sat) 17:45 | EDIT | REPLY |   

kk  

非常に手をかけた一品。
なのに、今日、まさか、大丸でミルズを目にするとは・・・

2018/04/14 (Sat) 17:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment