BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

ネットで購入したクラブが到着するまで

copperstix cs-1


今回ヤフオクで落札した COPPERSTIX CS-1 のフェース側から見たシェイプです。落札したのは左、ミーリングの薄い(ない?)タイプです。

重心真ん中のフェースバランスや、重心ネック寄りのトルクバランスが好みなので、ピンタイプのパターにしたくてもなかなか手が出せずにいました。あまりに好きすぎてラブⅢモデルのキャメロンや、T.P.MILLSの魅力には負けてしまいましたが、昨年、あっさり手放す結果となってしまいました。

そのT.P.MILLSのシェイプはこんな感じです。


Mills&Co Custom Sodttail Raw 02


トゥ側にボリュームがあって、ヒール側はすとんと切り落とされたような形。これが標準的と思います。これに比べるまでもなく、COPPERSTIX CS-1 はトゥ側とヒール側のボリュームが同じに見えます。この点が、見るからに気に入りそうな予感に溢れたわけですが、ただ、そのボリュームのなさ、重量のなさが、パッティングにどう表れるのかはわかりません。

明後日までには到着しそうですが、まだ不安交じりです。見知らぬパターが生涯の友となるかどうか・・・この待ち時間や、初ラウンドまでの期待感が、一番楽しいときでもあります。ちょっとデザイン性に欠け、ペイントをどうするか悩ましいですが、グリップをカンガルーにするか羊にするか、それともWINNに戻すかなど、これからやらなくてはならない作業があることが嬉しくてたまりません。

病気は一生治りそうにないです・・・
関連記事

0 Comments

Leave a comment