BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

BUCHIウェッジのロフトを2度立ててみた

BUCHIウェッジのロフトを立てた


クラブセッティングの見直しで、PW-FW-AW-SWの4度刻みから、PW-AW-SWの6度刻みへと変更しました。具体策としてはAW(53度)のロフトを2度立てて、51度へ。刻印追加をお願いすると、わざわざ姫路へ送って田淵さんにやってもらうという話になるようで、時間もかかるので、とりあえずマジックで-2と書いておきました。


少し角度が違いますが、ロフト2度の違いって、こんなものでしょうかね。
FUSO森さんには「少しグースになりましたけど」と言われましたが、うーん、そうですね・・・そうかも、そうじゃないかも、っていうくらい微妙な差です。


buchiウェッジのロフトを立ててみた


バウンスも2度減ったことになりますが、そこは「気にしない」のが一番。
これでFW(フェアウェイ・ウェッジ)を抜いてFW(フェアウェイ・ウッド)を入れられる。

あとは、昨日、パター(トライホット)のライ角を立ててもらったのですが、「怖いなぁ、折れる可能性ありますね、これは」の宣告を無視してお願いしたところ、ネック部分のセルが割れてしまいました。錆びないうちはこのままでいいけど、キャロウェイ(オデッセイ)に修理できるか聞いてみるとともに、別のパターに買い替えることを考えなきゃいけないかなぁ・・・と、実は楽しみになってたりして。

クラブセッティングで悩みたい、という、アホな病気が治りません・・・。
関連記事

1 Comments

yk  

写真じゃ違いが全然わからないね。

これで100ヤードをピシャリと寄せて。

2018/02/17 (Sat) 14:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment