BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

ガルシアがキャロウェイのスタッフプレーヤーに

2018-01-17_15h50_59.jpg


昨年のマスターズ覇者、Sガルシアがキャロウェイのスタッフプレイヤーとなりましたが、こういう映像を見ると、羨ましくてたまりません。自分用のテストクラブを次々作ってもらっては試打してダメ出ししてまた作ってもらって・・・賞金稼ぎがかかってなければ相当楽しいでしょうね。





特に、自分でスプレー吹きつけて装着する身としては、映像の中での『グリップ装着時の溶剤ドバドバ感』がたまりません。こんなにビチョビチョにできれば太めの径のシャフトにグリップが引っ掛かることもなさそう。手早く、効率よく作業できそうで、こんなマシーンたちをガレージに詰め込んで、自分専用の工房を構えてみたいものです。


 


こちとら、溶剤、これですからねぇ・・・グリップ内に吹き付けて、逆さにしてテープに垂らして、シャフトを左手で押さえて、右手でグリップを挿し込む、なんて原始的なんだろうと嫌になりますが、そんな方法で20年間もやってきました。今日もこれからドライバーのグリップ交換です。やっぱりFUSOオリジナルより、慣れ親しんだゴルフプライドDDMのほうがしっくりくる。このフィーリング、やめられません。


ファイル-2018-01-17-15-40-15


手元にあるDDMは51.3gと52.0g。少しでも軽いほうを挿して、バランスに配慮します。




ファイル-2018-01-17-16-15-59


最後コポコポとカスしか噴出されない最後の溶剤で、ギリギリなんとか装着できました。


おわり
関連記事

2 Comments

yk  

そうなのよ,このドバドバ感。このために,工房がほしい。

んで,自分は「シャフトを右手で押さえて、左手でグリップを挿し込む」ので,やっぱりたまに逆なんだなーということがわかった。

2018/01/17 (Wed) 15:55 | EDIT | REPLY |   

kk  

ね。千葉とか神奈川でいいから、週末工房、大人の隠れ家がほしい。

2018/01/17 (Wed) 16:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment