BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

クラブ煩悩がちょっとは消えた年でした(2017)

2016年末セッティング考

2016年末の混迷に比べれば・・・




2017年12月時点のクラブセット

2017年末は雑念を振り払えつつあることがわかります。



2017年は、ドラを変え、アイアンを変え、ウェッジを変え、パターも変えて出戻って、FWやUTも出たり入ったり最後はお払い箱、実に慌ただしい1年でした。アイアンをBUCHIにして、ウェッジもBUCHIにして、今はドラもFUSO待ち(1/6に大丸へ取りに行きます)、パター以外、BUCHIブランド含むFUSO DREAMがスポンサーかっていうくらい偏重する結果に。今まではドラからウェッジまでブランド統一だけはさせまいと避けていた感に溢れてたのに、こうして一色になってみると、あれ、居心地がいい・・・。


ウッド系もユーティリティもアイアン系もパターも、なんでも得意なメーカーって少ないですよね。メジャーでいえばテーラーメイドかなぁ、どうかなぁ、っていうくらい。(TMはウェッジのことをよく知らない)。そうやって考えると、FUSO DREAMはなかなかの総合力を持っていて、特にBUCHIを擁することで鉄にも強いポジションを取りにいったことが英断といえそう。

なかでも、BUCHIのウェッジは、何度伝えても伝えきれないほど、良い、です。20年苦しめられたウェッジ打てない病を、あっという間に克服。世間の吊るしウェッジでどうにも結果が出せない同じ病気の方、ぜひ一度BUCHIのオーダーウェッジをお試しあれ。ただし、自分好みの形状がわかっていないと、オーダーする意味がないので、どういう形状であればイメージが湧くか、重さは、バランスは、といったことを思うままに伝えて、田淵さんに削ってみてもらってください。


なにせ、


swmiss.jpg


常にこんな感じでしたからね。ドライバーで飛ばさないことには、セカンドでグリーンに乗せないことには、スコアになりません。何百ラウンドしてきたかわかりませんが、残り200ydを切ったら乗せることしか考えないゴルフをしてきました。それが今年はBUCHIのアイアン~ウェッジを手に入れて、まるで別人。





下手くそにしか見えないかもしれませんが、自分にとっては奇跡的なショット。トゥ側でヒットすることで球の勢いを少し殺しておいて、タラタラと下りラインを落としていく。去年までならトップしてグリーン奥にシューーーーンッ!っていう自信アリ、でした。今年もいろんなクラブをとっかえひっかえしてきましたが、このウェッジだけは、本当に買ってよかった。



来年は、1月6日に大丸FUSOへ初詣。フソードリームD460L ver2 を入手してきます。BUCHIのロブウェッジは納品までまだまだ1ヵ月はかかりそうなので、のんびり待ちます。ドラ1本、あとは鉄、という変態セッティングで戦う2018、楽しみです。





どうぞ皆さまも、楽しいセッティングで、よい年をお迎えください。

関連記事

2 Comments

yk  

2016年末の状態は、いまからみるとひどかったね(笑)

2018/01/01 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   

kk  

アイアンで悩むとたいへんなことになるよね。

2018/01/02 (Tue) 10:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment