BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

テーラーメイドの510シリーズはややこしい

TPでもツアーでもないただのR510


ebayで落札したR510がようやく届いて、喜び勇んで開封してみると、おおお!やっぱり小顔で引き締まってて最高だ!と思ったのもつかの間、あれ?えっと、、あれ?


TPでもツアーでもないただのR510


トゥ側にプリントされているはずのTPマークが、ない。TITANIUM?ん?なんじゃこれ。


TPでもツアーでもないただのR510


ykからの「ロフト表示んとこにアンダーラインがあるとツアー、なければノーマル」で判明、R&AのSLEルール適合リストでも同様の説明があり、このクラブはR510TPではなく、R510ツアーでもなく、ただのR510だったという・・。


ええええええー、ってことで調べてみると、落札画面にはハッキリ「R510 8.5°」とある。間違いない。間違えたのは自分。あーあ、と思いつつも、実物は端正な顔してるし、モノもきれいで見るほど触るほどに気に入っていく。小顔も小顔、TPの390ccに対して、こちらノーマル510は330ccですから、そりゃ小さい。


EI70


しかもシャフトには懐かしのEI-70。ワッグルしてみると記憶よりは撓るものの、やっぱりただの棒。弾き感まったくなし。先に届いているSPEEDER553と一緒に、夕方、大丸FUSOへ持ち込んでさっそくリシャフトしてもらいます。


結果的に、超古い超小顔のヘッドに超懐かしいシャフトを装着する、ド変態懐古趣味。
果たしてどんなクラブに仕上がるのか、5時間後が楽しみです。

関連記事

2 Comments

yk  

へんたい!

原点はどこへ行った…

2017/12/22 (Fri) 15:42 | EDIT | REPLY |   

kk  

いちおうこれを原点ってことにしてるよ。TPじゃなくなったけど。

■ 原点のドライバー
Taylormade R510TP 8.5°/ FUJIKURA SPEEDER 553 TOUR-S
肘を労わって打感最重視、小顔で叩けるヘッド、スピーダー史上最速ジャジャ馬で飛ばしにチャレンジ。

2017/12/22 (Fri) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment