BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

CALLAWAY FT TOUR Prototype DRAW BIAS 9.5

キャロウェイFTツアーprototypeドローバイアス9.5°


オーストラリア・キャンベラから到着しました、キャロウェイのFTツアー、プロトタイプのドローバイアス、9.5°、440ccの大型ヘッドで、総重量324.4g、結構重めです。


キャロウェイFTツアーprototypeドローバイアス9.5°


ところでFTってなんの略だ?と思ってキャロウェイに聞いてみました。

「お問合せいただきました【FT】の意味は【Fusion Technology】の意味となりまして、Fusionは「融合」や「溶接」という意味でございます。チタンフェースとカーボンボディを組み合わせたコンポジット構造をさすものでございます。」

とのこと。・・・たいした意味はなかったです。


キャロウェイFTツアーprototypeドローバイアス9.5°


ドローバイアスではありますが、内部のウェイト配置によって捕まりやすくしているだけで、見た目にかぶってるわけでもなく、ほぼストレート顔です。ロフト9.5はさすがに寝てますね。球が相当上がりそう。


キャロウェイFTツアーprototypeドローバイアス9.5°


フェースに変な「怒り」マークみたいなのがついていてセンス悪いなぁ・・・。全体的にデザインがダッセー感じです。そういう点も込みで『平凡なドライバー』っぽくていいかもしれません。気合い入らないどころか、気が抜けます。


フジクラpro65


シャフトはフジクラのZCOMシリーズ、PRO65という先調子のバット太めなやつが挿さってます。同じくフジクラのSIXを取り寄せ中なので、明日のラウンドのみ採用の暫定シャフトとなります。こちらもコスメが相当ダサい感じです。フェース面にボールを当ててみると、結構うるさい系の音がします。ネットの評判では「静か」「渋い」とか書いてあるので、ほんとかなぁ・・・とおおいに疑問。

明日のブリック&ウッドはかなり狭そうなのでドライバーの出番があるのかどうかわかりませんが、無理やりにでも使ってヘッドを本採用するかどうか決めなくてはなりません。せっかく取り寄せているSIXを、ムダにするわけにいかないので慎重に考えます。


▼ 追記

ブリックウッドでFTツアー試してきた映像がこちら。打音が心地よかったので本採用決定。

関連記事

0 Comments

Leave a comment