BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

ドライバーのウェイトはスイング好調でなければいじっちゃダメ

jbeam435のベストなウェイト配置


ロッテ葛西で、ウェイトを替えては打ち、替えては打ち、をひたすら繰り返してきました。どこをどういじっても組み合わせてもダメ。振るほどにわからなくなり、そもそも今日のスイングっておかしいよね、っていうところに気づくまでに1時間。疲れ果ててきてから、やっといつものスイングってこんな感じだったっけ・・・というのを思い出したようなそうでもないような。とりあえず決めないことには始まらないので、

ヒール 6.2g
バック 1.8g
トゥ 4.2g

カード残高がゼロになったところで終了~。決めました。もう一度、別日でスイング好調なときに打ってみて、よければこれでいきます。カラダのキレを取り戻すには、単に好調なだけでなく、もう5kgくらい痩せないとベストとは言えないのがつらい。5kgはちょっと月例には間に合わないので、せめて柔軟だけでもしておこう。


jBEAM435にバシレウスLeggero2の60Xを装着して319g


やっとのことで14本揃い、明日ラウンド!って言われても対応できる状態になりました。が、サンドウェッジのDGS400が重すぎてフルショットがつらいことは想定外でした。もっと頻繁にクラブ振り回せばゴルフ筋がよみがえるかもなので、まぁまだ致命的とまではいきません。それにしても、ここのところクラブいじりばっかりしてきて、少々疲れました。道具の細かいところにこだわり始めると、ひたすら迷宮入りしますね。どうでもいいこと、というわけではないはずですが、神経質になってしまってはすべてが台無しになるくらい危険な領域なんだなぁ・・と。そして今日、ロッテで思ったこと。

「やっぱゴルフは練習しなきゃダメだ」

関連記事

0 Comments

Leave a comment