BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

jEBAM435のウェイトを手に入れた

番手ずらしとチップカットバットカット


FUSO森さんの宿題、cpmフロー管理で理論理想値からややアンダースペックだった4i~7iのリシャフトが完了しました。いずれも番手ずらし、チップカット、バットカットを駆使して微妙な調整をしてもらいました。森さん接客中だったので、フィッティングルームで一人ひたすら打ちまくってました。


大丸ゴルフ売場試打計測室


まだグリップがグニャグニャな感じで、左へ巻くショットが多かったですが、フックめで

4i 200yd 195yd
5i 190yd 185yd
6i 180yd 175yd
7i 170yd 165yd

だったので、おそらくシミュレーション機器の癖からすると、ざっくり5ydマイナス(右数値)。接客終わった森さんが入ってきて「どうですか?」と言われるも、「うーん、正直、比較して打ってないからわからないです(苦笑)」「そうですよねぇ。でも確実に前より硬くなってますので」と。島田のK's-3001 105 Sは中量級に分類されるものの、実際はカット後101gだったはず。軽いのにシッカリしていて、弾くだけでなく粘りもちゃんと感じる、とてもよくできたシャフトです。

「あとなんか預かってるものありましたっけ?」
「いえ、もうないです。あとはウェッジにDGS400を挿したいのと、ドライバーのウェイトを試行錯誤したいので、こないだ外してもらった1.5gがあればください」
「1.5gでしたっけ。測ってみるとたしか1.2gだったような・・・」
「(へー、ウェイトなのに誤差あるのかもなぁ) そうなんですか」
「あと、JBEAM用じゃないのもありますよ、1.3gくらいかな、持っていきますか?」
「わずかな差ですね・・でも一応試してみます」
「六角レンチで外せるんですが、六角って舐めやすいので気をつけてください」


jBEAMのウェイトを入手


ということで、レンジで打ちながらあーでもないこーでもない、を試してみることに。JBEAM用でなくてもGEOTECHのものが使えるとか、ネットにいろいろ載ってますが、とりあえず純正を取り寄せて、最適なウェイト配分を探してみます。てっきりジェルを注入したものと思っていましたが、前回調整時にはウェイトの交換だけしたとのことでした。今日、大丸FUSOへ行く前に数発だけロッテ葛西で試し打ちした際に結構重たく感じたので、ジェル効果凄いなと思ってたのですが、ただの勘違い。かつ、甲高い音がしていたので、もしかしたらビスを締め市議ているのかも。緩めのほうが低めの音になるそうです。

まだまだ改造、微調整が続いています。

● パターカバーはまだNYあたりをウロウロ
● DGS400ツアーイシューはまだUKでモタモタ
● SW用のGRIP MASTERはロスを旅立つ寸前
● JBEAMウェイト手配はこれから

どうせラウンドまでまだ1ヵ月弱あるので、ちょっとずついじって暇つぶししておきます。

関連記事

0 Comments

Leave a comment