BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

PRGR zoomC3 × BiMATRX ツアープロト(X) ピンク!

倉庫に眠っていた中古シャフトの再利用、5Wに続いてUTもやってみました。
ヘッドは往年の名器、PRGRのzoomC #3/19°をヤフオクで落札しました。

1500円

前回同様、東京大丸のFUSO森さんにお願いして
ただでさえ短く切って使っていたドライバーシャフトを軽いヘッドに組むので
嫌いだけど仕方なくホーゼル内に鉛を仕込んで調整してもらい、
なんとかギリギリ、40インチ弱、総重量350g、バランスD1を実現。

森さん、いつも酔狂に付き合ってくださり、ありがとうございます。


PRGRズームC3×バイメトリクスTOURプロト


このピンクシャフトは以前、初代レスキュー9Wに挿していたものですが、
崖越えグリーンオンに成功した想い出は今も色褪せず、なのに
なぜだか知らないうちに「やっぱりやーめた」と抜いてしまったようです。
たぶんその時もバランス出なくて軽さが嫌になったんだと思いますが・・・。


初代レスキューとRODDIOハイブリッド
左:ykのぶっ飛びロッディオUT、右:初代レスキュー9W


構えたときの雰囲気が初代レスキューに似ているのですが、
実はzoomCは2000年デビュー、レスキューよりも1年先輩です。
マレージング鋼なので実に弾きのよいヘッドです。


PRGRズームC3アドレス


ラウンドソールで抜けが良さそうですが、
払い打ちが過ぎてアッパー気味に捉えてしまうとすぐトップします。
思ったよりも扱いにくいと記憶しています。


PRGRズームC3ソール


倉庫に眠っている間に、なんだかグリップがベトベトするというか
溶けてしまったかのように柔らかいので、
グリップ交換してみてからレンジで試してみることにします。


こういうオモチャみたいなUTがバッグに収まっていると
残り200ydというときに、狙うでもなく狙えますし、
何よりオモチャ気分ですから、グリーン周りまで集中力を温存できる利点があります。

遊びで組んだUT、結構使えたりしないかなと
淡い期待を寄せています。

関連記事

0 Comments

Leave a comment