BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

全英OP観たらロングアイアンが欲しくなる

全英OP2日目、松山選手はまだスタートしていない模様ですが、早い組がスコア伸ばせずに終わっているので、もしかするとチャンスありですね。期待しながら今夜は徹夜覚悟です。

全英と言えば風、風といえば転がし、転がしと言えばロングアイアン(なのかなぁ・・)、次回ラウンドは千葉県なのに、気分はすっかりスコットランド。UTなんていらないから3iがほしい。


DSCF2234.jpg


ということで買いました。
たまりません。

顔、緊張感、そして何より打感。さすがBUCHI、とんでもない柔らかさです。この打感で200yd以上飛んでいくとか、想像するだけで恍惚です。




片山晋呉は言いました。

「打感で飯は食えない」 と。




でもねぇ・・打感悪いと振りきれないんです。肘に変な衝撃がきてる気がして。音に反応して脳が誤解するだけかもしれないけど、肘がやられたんじゃないかと気になってしまう。打感の柔らかさは、勢いよく振り切るために必要なのです。
関連記事

2 Comments

yk  

打感で飯は食えないだろうけど、飯食うためにゴルフしてるわけでもないしねえ。

2017/07/22 (Sat) 15:17 | EDIT | REPLY |   

kk  

打感でリズム作る選手にとっては打感をふりかけにして飯食ってるといえなくないわけで、ま、あくまで片山晋呉の場合、だね。

2017/07/24 (Mon) 09:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment