BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

Mystery Hybrid C-HT711 ユーティリティ

三浦のウェッジがなんだかいい感触なので、ウェッジ3本体制に終止符、でもってロング系で何か1本と思って悩んでいたのですが、でもどれも今1つ気乗りしないんですよね。私は元来、ウッドやユーティリティが嫌いです。なんかターゲットを狙ってる感がなくて、ボケちゃうんです。それでロングアイアンを好んで使ってるのですが、さすがに2iの難しさは実践向きではなく、じゃあ5wでもいれようか、それともユーティリティかと、結局グルグル@@してしまいます。

で、唯一候補として残っていたのがミステリーの3u。

c_C-HT711.jpg

兵庫の地クラブメーカーですが、自社工場があるわけではなく、大同特殊鋼に依頼して精度の高いクラブを作っていました(過去形です)。今は他のメーカーよろしく中国工場で製造していますので、その精度はガタ落ちだと思います。それでもこのクラブが気になっている最大の理由は、ヘッド重量がアイアン並み、という点です。つまり、シャフトをアイアンの流れに合わせて短くできる。スコアラインもウッド系の雨水さえ逃がせばいい的な緩いものではなく、角溝らしいので縦にスピンがかかった空に上がっていく球を打つことができます。もちろんアイアンのように打てばいいわけで、これらが最大のメリットです。

シャフトを短めにするにはKBSとかProjectXにしないとダメかなぁと思ってたのですが、いつもの工房に相談したところ、先端軽めのK's3001 105でイケるとのことでしたから、ソールデザインがバッタもんっぽいのと、ヘッドカバーがドシロウトっぽいのを我慢すれば、もう試さない理由はなくなってしまいました。(地クラブはなんでこんなカッコ悪いのばっか作るんだろ)

mystercover.jpg

というわけでオーダーしちゃいました。ヘッド、シャフト、工賃、カバー、送料、全て込みで20000円。使ってみてどうもイマイチだったら、いつも通り、忘年コンペの賞品にエントリーしておきますね…。
関連記事

0 Comments

Leave a comment