BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

テーラーメイド R510TP

今年1本目の余計な買い物はドライバーでした。ドラ選手がヤフオクで落札したYAMAHAのinpressX410VにSPEEDER555が挿さったやつを打ってみたところ、自分のドライバーがスッカスカな感触だったことを発見。410Vがいかに優秀なヘッドかっていうのは、その昔、谷口プロや藤田プロが証明してみせましたが、おんなじのを手にしても芸がないので、遠藤製作所のオリジナルブランドEPONに目をつけてみたのですが、いかんせん高いので、私もヤフオクでウロチョロしてましたら、R510TPを発見。

名器との噂は時々耳にしてましたが、テーラーメイドはデザインが嫌いで敬遠してました。でも発売から7~8年でしょうか。名器という割にはとっても安かったので落札。到着したクラブを見てみると、へー、ソールが平ら(写真下)だったんですね。最近のR9とか新製品のR11(写真上)とか、ソールがやたらと尖ってて三角形、上から見たクラウンの姿も三角形、っていうのがテーラーメイドの印象だったので意外でした。ホーゼルも長めで、しっかりしてそうです。

tmface2.jpg
(上:R11、下:R510TP)



で、赤だの黄色だのと趣味悪いペイントが施されていたので、

sole000.jpg


銀色のロフト表示やフェイスの白いスコアラインも含め、ぜんぶ落としちゃいました。そもそもド中古で傷だらけの汚いクラブですが、色なしにすることで多少はスッキリして、強靭な印象になりました。

tmsole1.jpg


古いクラブを手に入れる場合、気をつけなければならないのが「高反発規制」。R&AとかUSGAのサイトに規制対象クラブリストが載ってたりするので、そちらで確認しなければなりません。R510TPはというと、フェイスセンターにスコアラインがないものは高反発でルール違反、スコアラインがあるものは低反発でOK、だそうです。

usgarule.jpg


しかしまだ問題が。

純正のSPEEDER757が挿さっているのですが、これ、テーラーメイド×フジクラのオリジナルで、ホンモノの757とはずいぶんと違ってかなりマイルドなシャフトです。要するに柔らかい。たぶん使い物になりません。結局リシャフトしなければならないので、高くつきました・・。

orz 後日、ロッテ葛西で打ってきました。結果・・・売り飛ばすことに決定です。シャフトの問題は大きいと思うけど、ヘッドもGBBⅡに比べて格段によいというわけでもないし。GBBⅡも名器ということなのか。。ちぇっ
関連記事

0 Comments

Leave a comment