BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パッティングはペンで線を引くが如く

WEBで質問できる元研修生:倉木氏のサイトから、パッティングの上手下手についての記述です。 パターが苦手な方はフェース面の向きやパターヘッドの動きに神経質になりすぎています。これもまたイメージですが紙にボールペンで線を引く時、ゆっくりと書いてしまうようなものです。パターがうまい人はサッと線を引くような自然な動きをします。これは、ストロークが早くても遅くても、です。まず有効なのはフェース面の向きを気に...

 09, 2018   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフはゴミ捨てが如く

ヒロ・マツモトG-4、ミスヒットはしますが、タテの距離感のイメージは湧きやすくなった気がします。それって、◆ パターの特性のおかげではない↓◆ パターの打ち方はあまり変えてない↓◆ 5本セッティングにして↓◆ 常に距離のコントロールを意識しているからなのかなと。スイングとかアドレスとか手元とかインパクトとか、なんだか自分が立っているあたりを気にする比率が格段に減少しました。ゴルフ勘がターゲットを捕えている感じ。...

 06, 2018   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフでのミスショットを修得する

クラブヘッドのフェース面の向きは簡単に変えることができますが、スイング軌道は想像以上に簡単に変化しません。弾道の結果がバラける原因は打点とフェース面の向きにあります。意外とスイング軌道は一定していますから、その分析を間違えないようにしてください。(倉木氏)まったくです。スイング軌道を変えるには、「こんなに変えたら絶対当たらない!」というくらいに変えてみて、はじめて、「ちょっと変わったね」と言われる...

 22, 2018   2
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフシューズについて(2)

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 22, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

シューズのインソールで体幹を整える

昨日のラウンドでシャンクが止まらなくなった理由に、新しいNIKEのシューズの踵が高くていつもより爪先体重になっているからではないか疑惑が出て、だったらプロも愛用するというゴルフ用のインソールに替えれば解決するのではないかと、まずはいつもの大丸に相談へ行ってみました。すると、シューズコーナーでそういうのやってるよ( FEET in DESIGN )、と教えられ、さっそく立った状態と歩いた状態で足裏にどう体重がかかってい...

 22, 2018   2
Category  整体

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

B2タイプのゴルフスイング映像集

ジェイソン・デイ1987年生まれ、リッキー・ファウラー1988年生まれ、2人とも4スタンス理論ではB2タイプのゴルファーに分類されます。同じB2タイプでも、昔のジャック・ニクラウスやトム・ワトソンに比べればおとなしく見えますが、下半身の使い方やフィニッシュの形などは、B2っぽさが見て取れます。B2タイプにも結構、錚々たる選手が名を連ねます。昔、ワールドカップ観戦で目にした丸山茂樹とアーニー・エルスは、まったく異なる...

 18, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

A2タイプのゴルフスイング映像集

タイガー・ウッズ、ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン、女性ではアニカやミシェル・ウィー、古くはアーノルド・パーマーやベン・ホーガンも、4スタンス理論ではA2タイプのようです。世界を獲るに相応しい、軸ブレのないシャープなスイングは憧れますね。やっぱり、タイガー・ウッズのスイングが最高にカッコいいと思う。...

 18, 2018   2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

シャフト撓りの頂点と、スイングの頂点。

ykが面白いものをどこかから拾ってきました。「シャフトのフレックスが生み出す違いとは?」フレックスの違いっていうのは想像通りですが、注目したのは、シャフトの撓り方ってこういうことになるんですよ、っていうところ。● トップからの切り返しでMAXに撓って● 腰まで下ろしたあたりでシャフトの撓りはゼロに戻ります、よく言う右肘を右腰に当てろ!的な辺りがリリースポイントになるからでしょうね。(ちなみに右肘を右腰に『...

 10, 2018   2
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

B2は点で打つのが苦手?

ライバルykにできて自分にできない、最大に悔しかったのがアプローチ。なんでダフるんだろう、なんでトップするんだろう、を20年続けてやっと辿り着いた上半身のロックの仕方、下半身の回し方。B2ゆえなのか、左右にカラダを揺すってタイミングを取るのが過ぎて、打点がズレまくることが一番の問題でした。たぶん。クラブの振り幅が小さければ、下半身も暴れずに打てる。ここまではなんとか会得しました。でも大きめにスイングする...

 09, 2018   4

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

バンカーショットの打ち方 【丸山茂樹編】

CNNで、RYDER CUP を中心にゴルフ特集を流していました。羨ましい・・・。ニュースチャンネルで長々と、しかも欧州のゴルファーを追いかけて報道するなんて、日本ではサッカーと野球ならあり得るけど、って感じでしょうね。いま欧州で一番注目している選手、トミー・フリートウッド。タイガーウッズが桁外れに活躍していた2000年、2001年の頃は、日本でもふつうのニュース番組で報じることがありましたが、それ以降は海外のゴルフ...

 09, 2018   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

整体してもらって左スイングがスムースになった話

昨日、新井健康院で整体を受けて、さっそく変わったことがあります。部屋でスイングトレーナーを振り回しての話なので、ボールを打ったわけではありませんが・・・1.テイクバックがきつくなった(回りすぎない)2.フィニッシュの姿勢が取りやすくなった3.左打ちでのスイングがスムーズにできる特に3が驚きました。片山晋呉のマネして、カラダを整えるつもりで左打ちスイングだけやってみることがあるのですが、スイング軌道...

 09, 2018   0
Category  整体

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフは練習より整体が効く

今日は、三軒茶屋駅からの暗い夜道をとぼとぼ歩いて、整体へ行ってきました。新井健康院。成城学園前に住んでいた頃からの行きつけの美容室で、魔法使いがいますよ、と以前からプッシュされていたので、ずっと気になっていた外反母趾と、首痛と、それから内臓の諸機能についても診てもらえるとのことだったので、下手な人間ドックよりも良いかもしれないと思って、足を運んでみました。ゴルフはどうしても片側への回転運動となるの...

 07, 2018   0
Category  整体

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

シャフトのキックポイント

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 06, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

目指せパーオン、せめてボギーオン。

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 03, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベストスコアを目指すゴルフ

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 02, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

リッキー・ファウラー 【B2タイプの参考プロゴルファー】

4スタンス理論でB2タイプというのは、ジャック・ニクラウスを見ればわかるように、どうも独特なスイングをするようです。しかし、アーニー・エルスのように「え?B2なの?」という選手もいます。ミケルソンのアプローチする姿なんかは見ていて心地いいのですが、ことドライバーショットとなると、タテではないけれど、ヨコ!とも言い切れない感じで、誰かヨコ振りB2のいいお手本はいないものか?・・・と思ってたら、いました。ス...

 02, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

メッキの有無で打感は変わる?

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 02, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パターヘッドを浮かせて構える理由

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 02, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

右向いてインパクト

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 01, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

振り切れる範囲で重いクラブ、の話

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 01, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

グリップについて

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 01, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフシューズについて

弱小・地クラブメーカーを舞台に、ゴルフにおける『道具の重要性』を主題とした漫画があったので読んでみました。古い知識の多い印象ではあるけれど、かといって最新理論や理屈もまた10年経てば『古っ』ってなるわけで、スイングの真実云々を追求する前に、まずはアマチュア(レベル)が参考にしてよい情報領域はどこまでか、なんてことを考えるのもまた面白そうだなと感じたのでした。失礼ながら部分的に勝手引用させていただいて...

 01, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【5】 新スイングの現場検証で凹む

このシリーズでは、ある日突然開眼してヘッドスピードがアップし飛距離が伸びることを目標に、考察を試みます。レッスンに通いましょうとか、身体鍛えましょうとか、お金や根性を強いるものではありません。幸い、ヘッドスピードを上げるというテーマは世にその情報が溢れています。ご一緒に、スイングスピードを上げるコツや理屈を探す旅に出かけましょう。今回は、理論理屈から離れて、とりあえず思ってること試してみよう!の巻...

 31, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【4】 大(重)→小(軽)でパワーをスピードに変換する

このシリーズでは、ある日突然開眼してヘッドスピードがアップし飛距離が伸びることを目標に、考察を試みます。レッスンに通いましょうとか、身体鍛えましょうとか、お金や根性を強いるものではありません。幸い、ヘッドスピードを上げるというテーマは世にその情報が溢れています。ご一緒に、スイングスピードを上げるコツや理屈を探す旅に出かけましょう。なぜグリップは緩く握るべきなのか全米オープンを4度の2位でキャリア・グ...

 26, 2018   3

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【3】 鞭の軌道を取り入れてみる

このシリーズでは、ある日突然開眼してヘッドスピードがアップし飛距離が伸びることを目標に、考察を試みます。レッスンに通いましょうとか、身体鍛えましょうとか、お金や根性を強いるものではありません。幸い、ヘッドスピードを上げるというテーマは世にその情報が溢れています。ご一緒に、スイングスピードを上げるコツや理屈を探す旅に出かけましょう。鞭を振ってみたことありますか?「鞭のように!」と言われても、私は本物...

 26, 2018   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【2】 腕をいくら振り回してもスピードには限界がある

このシリーズでは、ある日突然開眼してヘッドスピードがアップし飛距離が伸びることを目標に、考察を試みます。レッスンに通いましょうとか、身体鍛えましょうとか、お金や根性を強いるものではありません。幸い、ヘッドスピードを上げるというテーマは世にその情報が溢れています。ご一緒に、スイングスピードを上げるコツや理屈を探す旅に出かけましょう。間違いだらけのスイング始動皆さんはスイングの始動と聞いて、なにを思い...

 25, 2018   4

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【1】 ドライバーの飛距離は とにかくスピード × いい感じの角度

このシリーズでは、ある日突然開眼してヘッドスピードがアップし飛距離が伸びることを目標に、考察を試みます。レッスンに通いましょうとか、身体鍛えましょうとか、お金や根性を強いるものではありません。幸い、ヘッドスピードを上げるというテーマは世にその情報が溢れています。ご一緒に、スイングスピードを上げるコツや理屈を探す旅に出かけましょう。もったいない。もっと飛ばせますよ最近は野球人気が衰えて、キャッチボー...

 24, 2018   4

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

素振りで得られるゴルフ筋

ykが最近、素振りにハマっています。「見つかった!最強の練習法」部屋でクラブを振り回せるのはいい環境だなぁ。自分は大丸FUSOの試打室ですら、ドライバーだと四方八方当たりまくってしまうほど、右に左に体重移動するし、部屋が狭いとフォローが小さくなる悪癖がついてしまうので、ちょっとやそっとの広さでは怖くて振れません。壁を破壊して以来、自宅での素振りは厳禁なので、450mmと短めのスイングトレーナーを買ってみまし...

 19, 2018   2
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

B2タイプ(4スタンス理論)の代表選手 フィル・ミケルソン の右打ち映像

ykがいい映像を見つけてくれました。フィル・ミケルソンの左右逆転映像、左打ちのミケルソンを右打ちにしたらこんな感じですよ、というもの。4スタンス理論でB2タイプの自分は、参考にしたい現役トッププロがミケルソンくらいしかいなかったので、この映像はありがたいです。B2タイプはとにかく自由で、窮屈の反対側みたいなスイングをするのですが、ミケルソンのスイングを見てると「わかるぅぅぅ!」って感じ。これ、ミケルソン...

 10, 2018   2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフスイングは腹筋が命!?

強かったころのタイガーの、有名なスイング映像。続いてスピース、松山。最近気にしているのが始動後の手の通り道です。すでに捻転は開始され、体の中心からかなり遠く離れた位置まで手が離れていきます。腕、肩、クラブの位置関係を変えずに回す意識で上げていくわけですが、松山なんかこの時点でもう、なんていうか、ほぼトップのカタチに似てますよね。ここからでも叩きにいける気がします。で、この始動のときって、腹筋の左側...

 01, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

レッスングッズあるある 『フェースアングルチェッカー』

『フェースアングルチェッカー』、よく見るグッズですが、手にしたのは初めてです。前下がりや後ろ下がりの傾斜地からのショットではフェースがどっち向いてるのか、しっかり判断できていないとあらぬ方向に打ち出してしまいます。その上、左に出てさらにフック、右に出てさらにスライス、となりますので、フェース(打ち出し)の向きとボールの曲がり具合を計算して、アドレスの向きを考えることになります。アメトーーク!で劇団...

 01, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフスイングは、引くの?押すの?

サークル時代からカメラマン役なので、自分のスイング映像は手元にほとんどありません。今日はykに後ろから撮ってもらったので、珍しく自己分析というか、悩み解消と課題探しのための記事を残しておきます。自分は4スタンス理論でB2に分類されるので、同じB2のミケルソンと対比して眺めてみます。手首を折らないようにして低く遠くへテイクバックしていくやり方は、我流が過ぎるんじゃないかなと(治せない)悩みでしたが、こうし...

 28, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

TRUE SWING 【最終回】 主役をヘッドに戻そう

スイングとフィットネスの向上からスコアアップを目指しているykです。という恒例の出だしも虚しく,トータルゴルフフィットネス(以下,TGF)に通ってから一向にスイングが向上せずスコアアップもしないykです。糖質制限のおかげで,体重は10キロ落ちましたがね。さて,この11月をもってTGFを退会します。ここ1ヵ月以上通えてないですから,実質的にはもうすでに辞めているも同然ですが。もともと「カネをかけてでも短期間で上達...

 12, 2017   2
Category  スイングの真実

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

スクエアなアドレスでパッティングしなくてもいいんだよ

パター練習をしていて最近思っていたことがGDO記事にあったので紹介します。ハーフラウンドを終え、二人のパッティングスタイルをチェック。山添さんは、ショットの時はドローヒッターらしくややクローズなアドレスをしていたが、パットの際はスクエアな構えになっていると中越が指摘。そこで、パットもクローズスタンスで打ってみることを提案した。「今まで、『スクエアアドレスが重要』だと思い込んでいたが、クローズスタンス...

 07, 2017   6
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフクラブの重量(ウェイトフロー)を入力してみよう

ゴルフクラブ数値.comさんで配布しているエクセルシートに数値を入力すると、重量やCPMフローのグラフが表示されます。わかっていたことですが、ドライバーとサンドウェッジが重くて、フェアウェイウッドが軽い、そのようにセッティングしたのだから当然ですが、これは悪い流れとされています。でもいろいろ調べていると、一直線でなくてもいい、という話が出てきます。こんなの昔のパーシモン時代の話だよ、と。最近のセッティン...

 28, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフで「グローブ」「ソックス」「シューズ」はとても大事

ゴルフをする上で最も重要なのは、カラダ、本人のスイングであることは間違いありませんが、我々アマチュアは日頃から鍛錬するわけでもなく、柔軟性を高める努力をするでもなく、コーチを雇ったり練習に励んだりにお金と時間を割くでもなく、気が向いたときにロッテ葛西へ行き、仲間と「久しぶりにどう?」と言ってラウンドする程度でしかなく、また、だからといって毎日素振りするぞ!練習するぞ!というほど熱心でもなく、要する...

 24, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パットアウト - PUTT OUT - 気持ちいいパター練習グッズ

ここのところ秋の長雨が続いていますが、こういう時は読書かパター練習に限ります。これまで、部屋の通路で巡目・逆目が練習できる細長いパターマットを使って練習していたのですが、一昨日ykと世田谷ヴィクトリアをブラブラしていたときに目にした練習グッズがなんとも良さそうだったので、Amazonで注文。(ヴィクトリアさんはちょっと高かったのでごめんなさい)早速届きました。パッケージやロゴデザインが、思いっきりTitleist...

 21, 2017   2
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ヘッドの重心角を知っておこう

葛飾で教わったスイング。飛ばしと方向性の両方を手に入れたいなら、これを覚えなさい、と。ダウンスイングでインパクト直前15cmまではヒールスピードを重視し、インパクトゾーンの30cmでトゥスピードをUPさせる。意図的に手でこねるのではなく、フィニッシュに向けて自然とヘッド重心角に従って振り抜こうとすれば、ヘッドは勝手に返ってくれる。ヘッドやシャフトのもつ特性を活かせばいいのに、なんでも自分の力でテクニックでク...

 13, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ド素人SG(Strokes Ggained)理論

えーと、ebayで落札したミルズが、イリノイ州シカゴ近郊からケンタッキー州シンシナティのノーザンケンタッキー国際空港あたりに輸送されたあと、周辺の倉庫内でモタモタしています。歩いて10分、さっさと飛行機に積んでほしい・・・。さて、待ちぼうけのミルズですが、出品者からの写真を見ると、暗くてちょっとわかりませんが・・・ソールはスタンプ・バージンの様子。MARRIEDとか、どっかに頼んで打刻してもらおうかな・・。ト...

 04, 2017   3
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

フェースバランスとトゥヒールバランスの違い

掌にシャフトを乗せるなどしてクラブを水平に保った時に、パターのフェースが真上を向けば「フェースバランス」、ヘッドの先が下を向けば「トゥヒールバランス」、なかにはヘッドの先が真上を向く「トルクバランス」なるパターもあります。フェースバランスやトルクバランスのパターはテイクバックしやすく操作性が高いのが長所といえますが、特にフェースバランスのパターは、いまフェースがどっちを向いているのかを感じにくいと...

 02, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4スタンス理論 『B1』 タイプのゴルフ処方箋

自分のタイプを簡易診断するにはこちら筋骨隆々、トーレ―ニングの賜物なカラダとスイング、そのスピード感はF1マシンかというほどの超一流選手。アイルランド出身ローリー・マキロイは「B1」タイプです。タイガーウッズを真似るほうが簡単ではないかという気にさせるほど、マキロイは独特の完成度を持ちます。4スタンス理論 タイプ 『B1』傾向○ 親指の付け根から手のひらを直角に横切らせ「手のひら」でクラブを握る○ 左手親指は...

 14, 2017   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4スタンス理論 『A1』 タイプのゴルフ処方箋

自分のタイプを簡易診断するにはこちらブッチハーモンに師事し、タイガーウッズに似たスイングを目指していた?ことから、ホワイトタイガーと呼ばれたアダムスコットですが、4スタンス理論ではタイガーの「A2」とは異なり、「A1」に分類されるそうです。4スタンス理論 タイプ 『A1』傾向○ 利き指である人差指の第二関節から小指の付け根に沿って握る○ 左手親指は、伸ばさずに、ショートサムで握る○ 股関節から前傾し、それから膝...

 14, 2017   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4スタンス理論 『A2』 タイプのゴルフ処方箋

自分のタイプを簡易診断するにはこちらせっかくなので、「4スタンス理論」の別タイプも記録しておきます。ykは想定するにA2タイプなので、タイガーウッズと同じです。まぁ本人は4スタンス理論に興味がなく、TGFにてトレーニング中でもあり、こうした話は余計な情報になりかねないのでしょう。なので邪魔する意味を込めて書いておきます。(笑4スタンス理論 タイプ 『A2』傾向○ 4本指の付け根に沿ってクラブを置き、指先でひっかけ...

 14, 2017   7

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4スタンス理論 『B2』 タイプのゴルフ処方箋

自分のタイプを簡易診断するにはこちらykと話していて「4スタンス理論」について触れる場面があり、私は納得感高かったので今も信じているというか、カラダにはいくつかのタイプがあって然るべきと思っているところがあります。もちろん自分が「B2」だからといって、「A1」「A2」「B1」の要素が全く存在しないはずだとか、そこまで厳密に、型に嵌める必要はないと思っています。血液型と同じで、なんとなくああそうかも、という程...

 14, 2017   0

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

アイアンの構え方は2通りある?

アイアンをどう構えてますか?セットアップする際、「フェースの向きはこうでなくてはならない」という決まりはないらしいのですが、かといってどっちでもいい、どっちでも打てる、という人は少ないと思います。ほとんどの方はリーディングエッジを飛球線直角に構えると思いますし、トップブレードを垂直にする「掴まえる」構え方というのは、ネットで写真を漁っても、なかなか登場しませんので少数派であることがわかります。ただ...

 13, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パターフィッティングで壊滅的ダメージを受けた話

ACTEK GOLF なのか、DUCKBILL GOLF なのか、ANSERFREAK なのか、屋号の使い分けがいまだにわからないままですが、行ってきました、ykと、パターフィッティング。これがスピースの009のマスターなんとかで・・・こっちがGSSので、こっちが言うこと聞かないミルズの346gで・・・この段にはほら、ANSERがぎっしりと・・・ ほんもののマニアの工房には、合計4ケタ万円はするであろうパターの数々。ですが、こちらが持ち込んだ安物トラ...

 12, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

完全に世界を制覇していた頃のタイガーウッズ 【スイング連続写真】

タイガーウッズ全盛期に発刊された「TIGER WOODS - How I Play Golf」(上下巻)、大型本で、いわばタイガーのスイング写真集と自身による解説等々盛りだくさんの内容、それがAmazon中古で110円だったので取り寄せました。まだちゃんとは読んでませんが、写真を眺めていたら連続写真がいくつかあったので、上から見下ろすように撮影されていたものをさらに逆さにすることで、左右の幅で表現されるスイングの大きさやダウンでの身体...

 03, 2017   1
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

アイアンは薄っぺらいと感じてるから当たり負ける

BUCHI MT202アイアン の3番、ただ構えただけではペチッと当たり負けする予感たっぷりですが、バックフェースに厚みがあることをちゃんと想像しながら打つと安心してヘッドを押し込めます。頭の中でヘッドとボールがコンタクトする瞬間を拡大映像で眺めるかのように思い浮かべて打つ、驚くほど結果が違ってきます。ゴルフはほんとメンタルなスポーツですね。...

 29, 2017   0
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ゴルフにおけるアドレス時のチェックポイント by タイガーウッズ

腰から身体を曲げ、両腕を自然にたらし、やや膝を折り、そして、顎を胸から離す。タイガーウッズが守るポスチャー(アドレスの姿勢)の手順だそうです。一番最後の、顎を胸から離す、テイクバックと同時に左肩が顎下の空間へスムーズに入り込んでくる、それができていないと窮屈なスイングが始まります。特に顎を上げる動作が最後にあると、① 喉が開いて深呼吸しやすい② 肩の力を抜いて落とすことになるので、首と肩(胴体)が分離...

 24, 2017   2
Category  ■ レッスン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

マキロイの3W300ydスイング - 右向いたまま打つべし -

マキロイのスプーンです。コンスタントに300yd飛ばしてます。相変わらずの化け物ぶり。とんでもなくパワフルで決して真似などできないのですが、せめてボールポジションや、切り返しでの腰の移動幅、フィニッシュに向けての後傾の度合い(引っ張る力を最大限活用しているところ)などなど、ふーん、とか、へー、とか眺めて少しでも学びたいところです。「そうだよなぁ」と、最も感心したのはダウン~インパクトにかけてのカラダの...

 09, 2017   0
Category  ■ レッスン