BAR72

ゴルフ肘に悩むB2ゴルファーの試行錯誤 - 4スタンス理論とクラブ5本セッティングでスコアアップ -

やることない日は鉛テスト

メールやラインで仕事が完結する日は手持無沙汰になりやすい。部屋でアイアンを軽くショットしてたらだんだんC8.5ですら重く感じて(ヘッド+5gならそらそうだ)、夜アポの前に替えてしまおうと作業すること10分。


BUCHI VS200 鉛調整


ネック寄りにだけ薄めの鉛、総重量399.5g、たぶんC7、バランスは軽いけど、カーボン挿すためにホーゼル内を少し削ってあるはずのその分を足してプラスマイナスゼロ、ヘッドはふつうと同じくらいの重量なわけで、脳内でその情報をどう処理するか、重みをどう感じればよいか、ラグの上で20ydアプローチみたいなショットを繰り返しながら、シミュレーションしてました。





・・・ やりすぎてよくわからない状態。



暇です。
関連記事

2 Comments

BAZZ  

バランス

カーボンシャフトを挿す場合、アイアンヘッドもカーボンシャフト用のバランスが出るヘッドを
調達するか、バランスの出ないカーボンシャフトを使う場合、長さでバランスを調整すると思いますが、鉛だけでC7からC9、D0まで持っていくのは大変ですよね?
先ずは、今のバランスで実際の出玉のチェック.........
私も、4I(ミズノFLIHI24°)アイアン型UTをカーボンにと考えていますが......
バランスのマッチングが難しいです。
貴兄のニューアイアンが、どのバランスで落ち着くのか注視している次第です。

2018/10/10 (Wed) 00:11 | EDIT | REPLY |   

kk  

1本だけ、7iだけというお願いを聞いてもらえたのは、おそらく試打用に製作したヘッドだからかな、と想像しています。フルショットよりもコントロールショットのほうが多いので、36.5インチより長くするのはNGと伝えて出来たのがC6.5でした。鉛は重量のみならず、位置でずいぶんと変わるので調整苦労しますね・・。

最近は、数値に縛られないように、最終的にC7なのかD0なのか、もう測ることはありません。シャフトが柔らかいのでグリップが細ければC7でも結構ヘッドの重みを感じますし、硬くてグリップが太いとD2でも軽く感じますので、静的なバランス数値はあまり気にしてないのです・・

現状たぶんC7ですが、小さなアプローチでもなんとかヘッドを感じていられますので、HSを抑えて打つなりしてこのまま使う可能性あるかも、と思っています。

2018/10/10 (Wed) 00:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment